災害支援ナースについて

  1. 災害時支援ナース派遣のしくみに基づき、都道府県看護協会に登録し、看護職能団体の一員として被災地に派遣される看護職である。
  2. 災害支援ナースは、被災者が健康レベルを維持できるように適切な医療・看護を提供する。また、被災した看護職の心身の負担を軽減し支えるよう努める。
  3. 災害支援ナースによる災害時の看護支援活動は、自己完結型を基本とする。
    ※自己完結型:被災地のニーズに応じ、自立的に判断し、柔軟に看護活動を実践する。自分の生活や健康管理は、自分で責任をもつ。

登録要件

2019(令和元)年11月の常務理事会において、北海道看護協会災害支援ナースの要件が下記のとおり変更になりました。

  1. 北海道看護協会会員
  2. 実務経験5年以上
  3. 災害看護研修基礎編及び、北海道の災害支援ナース養成研修を修了していること
  4. 所属施設がある場合には、施設長(所属長)の承諾があること
  5. 派遣時には、災害看護支援活動も補償の対象に含まれる賠償責任保険制度(看護職賠償責任保険制度等)に加入していること

災害支援派遣時 貸与可能物品リスト

災害支援派遣時 貸与可能物品リスト