災害情報

令和2年7月豪雨におきまして、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

【令和2年7月豪雨《第6報》】

〇災害レベルは、1
■熊本県看護協会
<災害支援ナース派遣状況>

  • 7月 8日~:人吉市(人吉スポーツパレス)
  • 7月10日~:人吉市(人吉一中)、八代市(市立総合体育館)
  • 7月13日~:球磨郡山江村(山江村農村環境改善センター)⇒第3班(7/19)で終了
  • 7月15日~:芦北町(きずなの里)⇒第3班(7/21)で終了予定
  • 7月17日に、県から球磨郡多良木町(旧多良木高校)への支援要請あり。
    ⇒7/21からの派遣開始に向けてシフト調整中

<病院への支援について>

  • 7月17日~:熊本市内の公的病院(6施設)より看護師を派遣開始。
    JCHO人吉医療センター(ER)へ2名、球磨病院(病棟)へ2名。

■大分県看護協会
<災害支援ナース派遣終了>

  • 由布市の活動は第2班(7/17)で終了、日田市は第3班(7/19)で終了
  • 7/19日田市へ派遣していた災害支援ナースの帰着を確認。これをもって、 災害支援ナースの活動終了

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月豪雨《第5報》】

〇災害レベルは、1
■熊本県看護協会
<災害支援ナース派遣状況>

  • 7月 8日~:人吉市(人吉スポーツパレス)
  • 7月10日~:人吉市(人吉一中)、八代市(市立総合体育館)
  • 7月13日~:球磨郡山江村(山江村農村環境改善センター)
  • 7月15日~:芦北町(きずなの里)※場所変更

●病院への支援について

  • 7月17日~:熊本市内の公的病院(6施設)より看護師を派遣決定
          JCHO人吉医療センター(ER)へ2名、球磨病院(病棟)へ2名

●7月15日~16日:県協会より避難所の現地視察

■大分県看護協会
<災害支援ナース派遣状況>

  • 7月15日に日田市の避難所2か所から1か所へ、由布市の避難所7か所から3か所へ
  • 7月16日に県災害対策本部より連絡があり
    由布市の活動は第2班(7/17)で終了、日田市は第3班(7/19)で終了

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月豪雨《第4報》】

〇災害レベルは、1
■熊本県看護協会からの情報は以下のとおり

派遣開始

  • 7月 8日~:人吉市(人吉スポーツパレス:避難者774名)
  • 7月10日~:人吉市(人吉一中:避難者114名)
  • 7月10日~:八代市(市立総合体育館:避難者261名)

シフト調整中

  • 7月13日~:球磨郡山江村(山江村農村環境改善センター)
  • 7月15日~:芦北町(芦北町地域資源活用総合交流促進施設)
  • 熊本県保健調整会議:7月12日より開始。会長出席予定。

<病院への支援>

  • 県と相談の上、県協会は避難所を優先的に支援。
  • JHCOに人吉医療センターへ、JHCO熊本総合病院より看護師5名、熊本市民病院より助産師・看護師1名ずつ、助産師協会より1名支援に入ったと。

■大分県看護協会からの情報は以下のとおり

  • 7月10日13:30大分県災害対策本部より大分県看護協会に災害支援ナースの派遣要請あり。
  • 7月13日~:日田市中津江地区避難所2か所
     ※第1班には感染管理認定看護師をチームメンバーに加え活動予定。

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月大雨警報に関する災害【大分県】《第1報》】

〇災害レベルは、未定
 大分県看護協会からの情報は以下のとおり

  • 県看護協会の建物被害なし。役職員の被災、ライフラインの障害なし。
    7/7~7/9 に予定していた研修を中止。
  • 医療機関等会員施設の被害報告なし。

<ライフライン>

  • 停電:日田市、玖珠郡計 約 4,700 戸
  • 断水:日田市、九重町、玖珠町
  • 道路被害:国道21 件、県道59 件、市町村道等62 件

<避難状況>

  • 県西部の市町で避難所開設。避難者1,239 人(最大)
  • 災害支援ナース派遣要請検討中

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月の梅雨前線による大雨【熊本県】《第3報》】

〇災害レベルは、1
 熊本県看護協会からの情報は以下のとおり

  • 熊本県より、以下の避難所4箇所に災害支援ナース派遣要請があった。
    <災害支援ナース派遣要請>
     派遣開始
    • 7月8日~:人吉市(人吉スポーツパレス:避難者650名)シフト調整中
    • 7月未定:人吉市(人吉一中:70~80名)
    • 7月未定:八代市(市立総合体育館:100名)
    • 7月未定:芦北町(芦北町地域資源活用総合交流促進施設:58名)
    • 熊本県看護協会より人吉の避難所を視察予定

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月の梅雨前線による大雨【熊本県】《第2報》】

〇災害レベルは、未定
 熊本県看護協会からの情報は以下のとおり

  • 熊本県より、避難所への支援と被災した看護職への支援について災害支援ナース派遣要請があった。熊本県看護協会は、災害支援ナース所属施設に連絡をとり、51名の災害支援ナースの派遣が可能と県に報告
  • 県に災害支援ナースの派遣要請(避難所支援)を行った市町村は以下のとおり。括弧内は支援を必要とする避難所の数
     八代市(2箇所)・芦北町(3箇所)・人吉市(2箇所)
  • 医療機関8か所の被災状況等を把握
  • 熊本県看護協会は7月9日(木)までの研修を中止

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【令和2年7月の梅雨前線による大雨【熊本県】《第1報》】

〇災害レベルは、未定

  • 県看護協会の建物被害なし。役職員の被災、ライフラインの障害なし。
    7/4に予定していた研修を中止。

<ライフライン>

  • 八代市、芦北町、相良村、山江村、球磨村では停電、断水が発生
  • 球磨村全域で土砂崩れ等による道路不通のため1,432世帯が孤立
  • 医療施設、高齢者施設、薬局等の79施設が浸水被害を受けている
  • 以下の鉄道は終日運休
     肥薩線:八代~吉松、肥薩オレンジ鉄道:八代~出水、くま川鉄道:全線

<避難状況>

  • 人吉市避難所15箇所開設
  • 球磨村避難所4箇所開設

〇北海道看護協会では、日本看護協会と連携し、災害支援ナース派遣の要請等にスムーズに対応できるように準備をすすめてまいります。

【平成30年 北海道胆振東部地震に関する情報】

北海道胆振東部地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
北海道看護協会は、災害対策本部を設置し、9月13日から10月10日の28日間で、延べ248人の災害支援ナースを派遣しました。

災害派遣ナース派遣状況
活動場所 活動開始 活動終了 派遣人数(人) 延べ人数(人)
安平町 町民センター 9月13日 9月28日
10
40
むかわ町四季の館 9月15日 10月9日
16
64
厚真中央小学校 9月28日 10月7日
6
24
厚真町総合福祉センターゆくり 9月13日 10月10日
18
72
厚真町あつまスタードーム 9月13日 10月10日
12
48
計5か所
62
248