保健師助産師看護師実習指導者講習会(北海道委託事業)

1.目的

看護教育における実習の意義並びに実習指導者としての役割を理解し、効果的な実習指導ができるように、必要な知識・技術を修得する。

2.目標

  1. 教育の意義・目的・教材の活用方法を学び、「教える」こと「学ぶ」ことの本質を理解する。
  2. 教育の対象となる人間の発達と教育の過程における心理について学び、学生の成長支援や役割モデルとしての方法を理解する。
  3. 看護教育におけるカリキュラムの考え方、臨地実習の位置づけや目的を理解する。
  4. 医療制度の改革を含め医療の現状と看護に及ぼす影響を知り、今後の看護の展望を理解する。
  5. 看護学の知識や人間関係・論理的思考等を学び、現象を看護学的に表現する方法を理解し、実習の学習過程における教育的関わりに活用することができる。
  6. 知識の統合を図り実習指導のプロセスを展開することで、自施設の状況に合わせた指導計画を考察することができる。

3.開催期間

2021(令和3)年1月13日 ~ 3月11日 (土日祝日を除く 40日間:240時間)

4.応募期間

2020(令和2)年7月1日 ~ 7月31日

5.応募にあたっては、募集要項にそってご応募ください。

募集要項(PDF)
また、受講前に事前レポートの提出があります。必ず 「12.受講準備」をお読みください。

6.応募方法

1)応募時必要書類

保健師助産師看護師実習指導者講習会申込書 (PDF)(Excel)
※すべて必要事項です。空欄のないようにご記入ください。

2)応募先

公益社団法人北海道看護協会 事業部教育課
〒003-0027 札幌市白石区本通17丁目北3番24号
※封筒表書きに 「実習指導者講習会申込書在中」 と記載してください。

7.定員

200名

8.受講資格

保健師、助産師、看護師または准看護師養成所の実習施設で実習指導の任にある者、または将来実習指導者となる予定にある者で、次の要件を満たす者

  1. 当該講習会の未受講者
  2. 保健師、助産師、看護師の実務経験年数が3年以上の者(准看護師としての実務経験年数は含めない)
  3. 本講習会に専念できる者

9.資料代

40,000円(税込)

10.修了証書

受講修了者には、北海道知事名で修了証を交付します。
修了認定要件:総時間数240時間の9割(216時間)以上の出席を原則とします。

11.受講決定

文書で通知します。(9月下旬予定)

12.受講準備

受講に際しては、
・事前レポートの提出(提出締切予定11月)
・実習を受け入れている養成所の実習要項等の準備(講習会に持参のこと)

1)事前レポートについて

実習指導を担当している受講者は、指導担当した学生・患者との関わりについてのレポートを提出していただきます。(必須)
提出のレポートを使って、グループ演習を行います。対象となる事例やレポートの内容については、「事前準備にむけて」をよくお読みください。
ただし、事前レポート提出までに、学生指導が未経験の受講予定者、実習をまだ受け入れていない施設からの受講予定者については、応募の際に下記連絡先までお問い合わせください。
※事前準備にむけて(PDF)

2)事例の選択ついて
  1. 学生の実習を対象としてください。
    レポートには、患者の情報、学生の情報、学生の患者への関わり、自分の患者や学生への関わりについて具体的な記載が必要です。情報が不足している、あるいは詳細を振り返ることができない過去の事例は不向きです。
  2. 学生が患者を受け持ち、看護を展開し、自分が指導者として学生に関わった事例を選んでください。
    演習では、事例を用いて効果的な臨地実習指導について検討していきます。
  3. 学生への指導で困った事例や、指導者としての自分を振り返ることができる事例を選んでください。
3)事前レポート書式

以下の様式にまとめてください。

4)その他のレポート書式(講習会期間中に使用します)

個人レポート様式(Word)

13.カリキュラム

  1. カリキュラム(予定)(PDF)
  2. 時間割・・・11月頃に掲載予定です。受講者には講習会初日に配布します。

15.お問合せ先

事業部教育課 TEL 011-861-3273