看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進ワークショップとは...

看護職の働き方をなんとかしたい...。看護職が定着する組織にしたい!という病院が集まって、改善策を検討します。

  • 「看護職のWLBインデックス調査」結果から、客観的に施設の現状を把握。
  • WLBの有識者や行政、地域で先行してWLB推進に取り組んでいる病院の看護管理者らが、データの分析から、WLB推進に向けたアクション作成をサポートします。
  • ワークショップの約4ヶ月後のフォローアップ・ワークショップで、取り組みを再確認。
  • ワークショップ終了後も、支援体制は継続。中・長期的な取り組みを支援します。
  • 参加施設からは、「ユニークな講義、多角的な発想展開、発言の一つ一つが目からウロコでした」、「インデックス調査により、自施設の強みと弱みが客観的に理解でき、取り組むべき課題が明確になった」、「明快な内容で看護管理者が何をすべきか、病棟師長は何をすべきかが良く理解できた。」といった感想がたくさん寄せられました。