会長挨拶

HOME >  協会概要 > 会長挨拶

会長挨拶

 

社団法人北海道看護協会 会長 上田順子

今こそ、看護の力を結集し、
道民の皆さまの健やかな暮らしに活かすとき!!

 平成28年度北海道看護協会通常総会(平成28年6月25日)において、会長に就任しました上田です。これまで北海道看護協会が築いてきた貴重な取り組みと先人達の情熱を引き継ぎ、約41,500人の会員の皆さまと共に北海道看護協会の活動を推進し、さらに発展させていく所存です。どうぞ、よろしくお願い致します。

 現在、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、病床の機能分化、連携を進めるための「地域医療構想」の検討が進められています。また、地域包括ケアシステムの構築のために多くの関係職種や機関との連携した取り組みも進められています。
 こうした中、北海道看護協会では、地域包括ケアシステムの構築と推進を本年度の重点事業とし、四師会共催のシンポジウムや「地域医療構想」に関する意見交換会、訪問看護等の研修など様々な取り組みを進めて参ります。看護職は医療機関や行政、介護保険関係施設など様々な場で働いております。今こそ、相互にその役割を認め合い、力を結集して道民の皆さまの健やかな暮らしに向け活躍するべき時です。
 また、看護職が明るく元気に活き活きと働き続けられる環境づくりの推進、そして、広い北海道の中でどこにいてもキャリアを磨くことができるよう、看護の質の向上についても重点事業として取り組みを進めます。
 北海道看護協会は、今後とも看護職能団体として日本看護協会との連携のもと、保健師、助産師、看護師及び准看護師が、教育、研鑽に基づき、専門性を高め看護の質向上を図るとともに、生涯を通して働き続けられる環境づくりを推進し、あわせて、健康で幸福でありたいと願う道民の皆さまのニーズに応える看護を提供することにより、道民の皆さまの健康と福祉に寄与して参ります。

公益社団法人北海道看護協会
会長 上田 順子

 

 

このページのトップへ戻る


目次
協会概要
  • 北海道ナースセンター北海道の求人・求職はこちら

お問い合わせはこちら

get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader7.0以上のプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。