会長挨拶

社団法人北海道看護協会 会長 上田順子

看護の力で健康な北海道を!

 少子高齢化を迎え、団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年までわずか数年となりました。平均余命はさらに伸びて「人生100年時代」と言われ、また、疾病構造の変化や認知症の増加する中で、「健康寿命の延伸」への取り組みが進められております。
 一人ひとりが、病気や障がいをもちながらも自分らしい生き方を自ら選択・決定し、望む場所で自立して暮らすことのできる社会の実現に向けて、私たち看護職(保健師・助産師・看護師・准看護師)は、看護の力を発揮して、道民の皆さまの健康を守り、支える役割をしっかりと果たします。

1.全世代型地域包括ケアシステムの推進
 昨年度から実施しています「病院から訪問看護ステーションへの出向支援事業」や「在宅医療・介護連携コーディネーター育成事業」等により、医療と介護の連携を促進し、患者さんやご家族、住民の方々の要望に応える人材の育成と資質の向上を図り、4年目となる「看護職連携推進事業」の更なる充実を図ります。また、全国に先駆けて、道と本看護協会を含む20の医療・介護関係団体による「北海道医療と介護の連携ビジョンに関する協定」が結ばれました。道内各地で関係職種との連携・協働を推進し、共に活動していきます。

2.看護職が働き続けられる環境づくりの推進
 4月から段階的に施行される働き方改革関連法を踏まえ、慣例に捉われることなく多様な働き方を考慮した労働環境の改善が図られるよう、現場の声を聞きながら支援します。また、「看護職の健康と安全に配慮した労働安全衛生ガイドライン~ヘルシーワークプレイス(日本看護協会)」の活用を促進すると共に、「北海道ナースセンター事業」の機能強化を図り、看護職が心身ともに健康で希望を持ち働き続けられる環境づくりを推進して参ります。

3.看護職の役割拡大の推進と将来を担う人材の育成
 地域特性を踏まえ、あらゆる領域で活躍する看護職に研修機会を提供できるよう新たな教育研修計画を実施します。また、特定行為に係る看護師の研修制度や2020年度開始予定の新たな認定看護師教育について、各自が充分に内容を理解し、看護職の役割拡大やキャリア開発等、将来の展望をもって準備できるよう普及啓発を図ります。さらに、看護基礎教育の充実に向けた課題検討や准看護師の進学支援について力を入れて取り組みます。

 北海道看護協会は、これからも日本看護協会と連携し、道内43,000人余の会員の声を大切にして事業の充実に努め、未来の北海道をつくる道民の皆さまの健康と福祉の向上に寄与して参ります。

公益社団法人北海道看護協会
会長  上田 順子