禁煙対策

受動喫煙防止に取り組んでいます

 北海道看護協会は、看護学生に対して「看護学生のたばこ対策」講習会を行っています。
 支部の働き続けられる職場づくり推進委員が講師となり、各年15校から20校の看護学校で講義を行い、青年期にある看護学生に、喫煙による健康被害と禁煙対策の重要性について周知しています。受動喫煙は、健康に悪い影響を与えますので、北海道看護協会も積極的に取り組んでいます。

 

「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイト

 2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日より全面施行されました。望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わりました。

https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/ 出典:厚生労働省

ポスター
けむいモン×ご当地キャラクターコラボポスター

「看護学生のたばこ対策」講習会を終了して

室蘭支部  働き続けられる職場づくり推進委員会
花田美雪(伊達赤十字病院)

 室蘭支部働き続けられる職場づくり推進委員会では、これから医療に携わる看護学生に、喫煙による健康被害と禁煙対策について講習会を開催しています。
 講義の中で看護学生に看護職の喫煙についてどのように考えるか質問したところ「法律で認められているので、人の迷惑にならないように喫煙するのは問題ないと思う」との返答がほとんどでした。そのため、受動喫煙とたばこの成分について説明し、周囲に与える健康被害と禁煙が難しいメカニズムを理解してもらいました。私は、看護学生の心を動かすためには、看護につなげる必要があると考え、喫煙が原因で経過に悪影響が生じた事例を数例紹介し禁煙支援の重要性についても伝えました。
 これから看護師となる学生が、受動喫煙防止に取り組み自分自身の健康維持について考えてほしいと思います。